で掲示されます

夜バナナに驚きの睡眠導入効果

夜バナナ

夜バナナ?バナナに睡眠効果があるの?

夜バナナ
なかなか寝付けない、
睡眠時間が短くなりがち、
お腹が空いてしまって眠れない
そんな時の
救世主のような果物、
それがバナナです。

【納得!バナナの睡眠効果成分一覧】

  • トリプトファン…睡眠を促すセロトニンに変化します。
  • マグネシウム…神経の興奮を抑えます。筋肉疲労の回復にも。
  • ビタミンB群B1(疲労を回復し、糖分を分解し、むくみを予防する)、
    B2(脂質の代謝を助け、口内炎を予防し、過酸化脂質を分解する)、
    B3(皮膚炎の予防、脂質と糖質の代謝を助けるナイアシン)
    B6(たんぱく質の代謝を助け、貧血予防、神経伝達物質の合成を助ける(脳みそスッキリ効果))が多く含まれています。

そのほかにもカリウム、葉酸や食物繊維など体にいい成分がバナナにはいっぱい!

 

【消化の良さが効きめの速さ】

果物は消化にかかる時間が
30分程度ととても早く、
胃に優しいのが特徴です。

バナナも例外ではありません。
お腹が空いて眠れない時は
低血糖になっていますが、

ブドウ糖を素早く作り出す
バナナはそれも優しく補います。

消化が早いため即効性があり、


消化酵素もバナナ自体が
併せ持っているので、


胃にももたれません

 

その他寝付きにくい場合には、

<ホットミルク&はちみつ>

も効果があります。

ただし、牛乳は消化に時間がかかります。
消化酵素が体内に無い方は飲めません。

体重を気にされている方は牛乳よりも、
糖質や脂質の分解力がある
バナナがおすすめ
です。

 

もし
バナナシェイクをされる場合は
低脂肪牛乳を使いましょう。

 

朝バナナも活力の源になって
とてもいいのでおすすめですが、

夜バナナも眠れない夜にはおすすめです。
カリウムやペクチンも
含まれているので

ダイエット効果も期待できます。

 

余談:記事を書いた経緯について

筆者自身が外での用事が立て込み、

夕食を食べれないまま夜の10時前を迎えた時、
今からなにか食べては胃にもたれるな…と思って口にしたのが一本のバナナです。

すると30分ほど経ったころに猛烈な眠気に襲われ、
あまりの眠気にそのまま寝支度をしていつもより一時間も早く眠ってしまいました。

翌朝はスッキリと目覚め、

睡眠サイクルのアプリケーションでは
今年初めての『ベスト睡眠』のスコアを弾き出しました。

不思議に思いバナナの栄養成分を調べましたところ、

納得の睡眠導入成分、

トリプトファン(セロトニン)

豊富に含まれていることを発見しましたので、
記事にさせていただきました。

質の良い眠りから遠のいてしまっている方、
健やかな眠りを欲している方、

ぜひお試しください。

 

関連記事:

りんごで目を美しく

ハチミツの栄養と殺菌効果の活用法

おだやかな睡眠におすすめアイテム:

オーガニック ボディオイル(カーミング)

オーガニック  ラベンダーエッセンシャルオイル

ボディオイルを使えば出来る!お肌の角栓ケア
ボディオイルは2種を特価にて販売中です。

夜バナナに驚きの睡眠導入効果」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

* Copy This Password *

* Type Or Paste Password Here *