ACO

オーストラリア産 オーガニックコスメとは|ACO認定

 

  1. Q LDLFの商品説明に出て来る『豪認定オーガニック』って何ですか?

    Australian Certified Organic
    略して『ACO』という、世界の主要なオーガニック基準に適応したオーストラリアの認定機関が出す認証です。日本国内では『有機JASマーク』が有名ですね。ACO認定の製品は食品、化粧品に関わらず95%以上がオーガニック(有機)認定で、全ての原材料が天然由来であることを保証しています。国際的にも、化粧品に対するオーガニック認定の基準が最も厳しいもののうちの一つであるとされています。

  2. Q なぜオーガニック(有機)かそうでないのかを気にする必要があるのですか?

    非オーガニック(非有機)製品には通常、非常に多くの合成化学物質が使われており、お肌の状態を悪化させるなど健康に様々な問題を引き起こす場合があります。毎日使うボディケア製品には特に品質を長期保存出来る様に強い化学物質を使っていますが、ACOの認定製品を使う事によって避けることが出来ます。

  3. Q 豪認定オーガニック(ACO)の基準とは具体的にどういったものですか?

    基準として

    • 95%以上がオーガニック(有機)の天然由来の原料であること。
    • 動物試験(実験)をしないこと。
    • 原材料からの成分抽出と加工がACOの規定制限通りであること。
    • 各種合成物質、石油成分を含まないこと。
    • 合成着色料、香料、シリコン、パラベンその他一切の石油製品を使用されていないこと。
    • 天然保存料(防腐剤)を使用していること。
      (必要な場合においては天然由来の保存料(防腐剤)が使用されています。)であることを定めています。
  4. Q 市販の化粧品よりも割高なのはなぜですか?

    それはオーガニック農法が依然として小規模で行われていることが多く、自然や環境を壊さない状況の元で管理栽培されていること。そして加工の過程において化学薬品が一切使用されていない事が価格に反映されているからです。オーガニック製品は無農薬なだけではありません。土壌、植物、動物、食品、人々、環境、健康。全てに優しく総合プロデュースされているからこその代償と言えるかもしれません。

  5. Q オーガニック(有機)製品を使った事がありません。どう始めたらいいですか?

    オーガニック(有機)と謳われている製品はオーガニックの良さ、認知度のアップと共に市場に増えていますが、認定機関のロゴ(ACO、有機JASなど)が付いていないものの中にはオーガニック成分がわずか数%という物も沢山出回っています。当社の商品を含め、オーガニック製品を試される場合には必ずオーガニックの認定ロゴがついている物を選んでください。海外の認定基準には様々なものがございます。化粧品に関する認定がどの程度信頼できるのかを見極めるのが厳しいのが現状の中、ACOは海外の認証ロゴマークに比べるとより信頼のおけるものとして世界で認知されています。

  6. Q ACOは成分の95%以上がオーガニック(有機)ということですが、残りの5%についてはどういったものが含まれるのでしょうか?

    残り5%とわずかな非オーガニック原料ですが、これらも自然に作られた植物製品と非毒性で天然の保存料や添加物でなければなりません。

オーガニックコスメ
ACOロゴ。製品にはこのロゴに加えて必ず認証番号が入っています。